西日本泌尿器科学会定款
第1章 総 則
第1条 本会は西日本泌尿器科学会(The West Japan Urological Association:WJUA)と称する。
第2条 本会は事務局を福岡市東区馬出3-1-1 九州大学大学院医学研究院泌尿器科学分野内に置く。
第3条 本会は主として西日本地区の泌尿器科医をもって組織する。西日本地区とは、岡山県、鳥取県、四国以西をさす。
第4条 本会は泌尿器科学に関する研究の進歩、知識の教育及び普及をはかるとともに、会員相互の親睦をはかることを目的とする。
第5条 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 
(1) 学術集会の開催
(2) 会誌の刊行ならびにその他の情報発信
(3) 国内における関係諸機関、諸学会との連絡
第2章 会 員
第6条 本会は、本会の趣旨に賛成し、所定の会費を納入する個人又は団体を会員とする。
第7条 本会に入会しようとする者は、当該年度の会費をそえて本会事務局に提出する。
第8条 会員は会誌の配付をうけ、またはその事業を本会の集会ならびに会誌において、発表することができる。
第9条 会員でその業務を怠り、また本会の名誉を毀損した場合には、評議員会の議を経て除名することができる。
第10条 連続して3年間会費を納入しないものは、退会とみなす。
第3章 役 員
第11条 本会に次の役員をおく。
 
理事長 1名 理事 10名以上25名以内
監事 2名 評議員100名以上250名以内
名誉評議員 若干名  
第12条 役員は、次のように選任される。
 
(1) 理事長は理事の中から互選し、評議員会で承認する。
(2) 総会会長は理事の推薦にもとづき、承認を得たうえ、評議員会においてこれを定める。
(3) 理事は、西日本地区各大学の主任教授とする。
(4) 監事は評議員より選任し、評議員会においてこれを定める。監事は、西日本地区の理事経験者より選任する。
(5) 評議員は会員中より理事の推薦にもとづき、評議員会の承認を得たうえ、理事長が委嘱する。
(6) 名誉評議員は本会に多大の貢献をした者で、評議員会においてこれを定める。
第13条 評議員の選任対象者は次に挙げるもので、評議員会の承認を得たものとする。
 
(1) 卒後10年以上の者で日本泌尿器科学会西部地区に所属しかつ西日本泌尿器科学会の会員のうち、日本泌尿器科学会専門医であり本会への貢献ができ、本会が適任と認めたもの。
(2) 評議員会に連続3年欠席した者は、委任状を提出していた場合でも再任を認めないものとする。
第14条 各役員は、次の職務を行う。
 
(1) 理事長は本会を代表し,会務を総理する。
(2) 理事は理事長を補佐し、理事会において重要会務の審議運営および本会と会員との連絡業務に当たる。
(3) 評議員会は会務を審議し議決権をもつ。
(4) 監事は本会の会計を監査する。なお監事は理事会に出席することができるが、議決には加わらない。
第15条 各役員の任期は、次のとおりとする。
 
(1) 理事長の任期は3年とし、選任された評議員会終了日翌日から次期選任の日までとする。ただし再任を妨げない。
(2) 理事の任期は主任教授在任期間とする。
(3) 評議員の任期は原則3年とし、選任された評議員会終了日翌日から次期選任の日までとする。ただし、再任は妨げないが、再任の場合も3年ごとの推薦を必要とする。尚、任期中に主任教授退任(不在となった)場合には別に定める。
(4) 監事の任期は3年とし、選任された評議員会終了日翌日から次期選任の日までとする。ただし再任を妨げない。
第4章 学術集会
第16条 本会の学術集会は西日本泌尿器科学会総会と称し、原則として年1回とし、秋季に開催する。
第17条 開催地はその都度、理事会および評議員会で検討するが、関門海峡を隔てて交互に行うことを原則とする。
第18条 本学術集会に際して、総会会長は会務の報告を行う。
第19条 総会会長の任期は、前年度の総会終了日翌日から当該年度の西日本泌尿器科学会総会終了日までとする。
第5章 機関紙
第20条 「西日本泌尿器科」(略称「西日泌尿」)を機関紙とする。
第21条 「西日泌尿」は原則として、毎月1回発行する。
第22条 「西日泌尿」の編集は編集委員会がこれにあたり、九州大学大学院医学研究院泌尿器科学分野が実務を担当する。
第23条 編集委員会は理事会がこれを兼ねる。
第24条 「西日泌尿」の投稿規定に関しては別にこれを定める。
第6章 理事会、評議員会および会員総会
第25条 理事会は、理事の2/3以上の出席をもって成立し、出席者の過半数以上の賛成により議決する。
第26条 評議員会は、評議員の2/3以上の出席または委任状により成立し、出席者の過半数以上の賛成により議決する。
第27条 本会の重要会務の決定は、理事会からの諮問をうけて評議員会が負うものとする。
第28条 理事会、評議員会は総会々期中、または必要に応じて臨時に理事長がこれを召集することができる。
第29条 会員総会は年1回学術集会の会期中に開催し、評議員会の決議事項等を報告する。
第7章 資産の構成
第30条 本会の資産は、次に掲げるものをもって構成する。
 
(1) 設立当初の財産目録に記載された財産
(2) 会費
(3) 寄附金品
(4) その他の収入
第8章 会 計
第31条 本会の経費は、会費・寄附金・その他の収入および利子をもってこれにあてる。
第32条 会費は、年額10,000円とする。
第33条 本会の会計年度は1月1日に始まり、同年12月31日に終わる。
第34条 本会の会計は理事会で報告し、評議員会で承認を得る。
附 則
定款の変更は理事会に諮り、評議員会にて承認をへて会員総会で報告する。
附則 (平成27年11月6日一部改正)
施 行
この定款は、平成25年11月1日から施行する。
第15条 この定款は、平成27年11月6日から施行する。
page top
facebook お問い合わせ